joxのブログ

おこづかいの無いお父さんのjoxが、副業でお小遣い稼ぎを実践奮闘するブログです。おこづかい目標、月3万円!
そして、一生お小遣いに困らない収入源が欲しい。
できれば大金を稼ぎ、一族郎党を引き連れて海外旅行したい。
2017年3月26日現在、元手は 0.93517BTC(約99000円)と 500クレジットコイン(約85000円)と預金約50000円
【合計約234000円】

はたしてjoxの取る手法は・・・??

今週(4月第3週)のHYIP

BITCOFARM



BITCOFARM ビットコファームだよww


最初にこのタイトルを見た時、思わず笑ってしまった。


ビットコ?
ヒョットコとかヘッポコという言葉を連想してしまう。


えーと、そのヘッポコ牧場の件なのだが、一昨日3度目
の出金をした。


出金前のバランス(私の牧場内の手提げ金庫の中身)は、
0.2156875BTC。
デポジット(牧場内の家畜を飼うために寄せてある資金)
は0.05145BTC。


しかし、それは牧場主の私でも勝手に引き出せない
不自由な資金である。


出金は私のランク(ゴールド)で5日に1回だけ。


ルールではデポジットの800%までは出金できることに
なっているのだが。


デポジットの8倍だからバランスの全額は出金できる
はず。



しかし、前回もその目論見は外れた。


出金金額は、どうやらコンピューターが金額を決めて
いるみたい。


今回は・・・出金可能額が0.02119048BTCと表示された。


バランスの1割弱。


ついPCに向かって悪態をついた。


でも従わざるを得ない。



出金額は1日平均0.004238BTC。
日本円に直すと最近の相場で572円(1BTC 135000円)


1日に牧場で稼ぐのは0.02235BTC(約3000円)だから
バランスはどんどん増えていく。


しかし、チキンは1ヶ月レンタルだし、牛は10日レンタル
なので、レンタル終了時にまとまった資金が必要になる。


おそらくその辺までコンピューターが計算していると
したら、5日毎の0.02119048BTCというのは妥当な金額
ではないだろうか・・・と妙に納得。


要するにヘッポコ牧場からは1日572円の収益が上がって
くるのだ。


これは投資額0.312BTC(42120円)に対して日利1.35%
の計算になるので、悪くない金額である。
しかも、土日も稼いでくれる。


追加資金を出させないよう、牧場の資金繰りも考えてくれ
ている。


この牧場を仕切っているコンピューターはなかなか優秀
と言わざるを得ない。


このまま6月一杯稼働してくれると、元金は回収でき
それ以降は不労所得の発生となる。


一昨日出金したあと、バランスからデポジットへ0.1BTC
だけ資金を移動させてレンタルが切れた牛を10日の
延長料0.11BTCを支払った。


これもコンピューターは想定済みだったろう。




Richmond Berks


リッチモンドバークスは、収益も出金も相変わらず
順調。


昨日の出金で元金は1/3出金済だ。


収益は平日が日利1.6%。ときどき1.7%。
土日は0.7%。


平均の日利は1.34%になるのでBITCOFARMとほぼ同じ。


なので、リッチモンドバークスも6月から先まで続いて
欲しい案件である。


投資資金は156.164USD。


日利1.34%は227円。


7月からは1日227円の不労所得。




BITCOFARMにはいろいろなHYIPの広告が載っており、
1日4件は見なければ卵の収穫ができないので見るが
1日7%なんていうHYIPもある。


しかも元金保証とか。


例えば10BTC を1日だけ投資して、0.7BTCの利益が
発生していたらすぐ元金を出金。


利益の0.7BTCで1日その7%の6615円を不労所得として
貰い続けるという離れ業をする人も出てきている。









今週のHYIP 先週より知識が増えたぞ(その2)

ビットコファーム



ビットコファーム(BITCOFARM)への投資は3月27日にチキン(鶏)を5羽飼うために
0.112BTCが最初。


5羽のチキンが毎日0.00525BTCの卵を産んでくれる。


単純に日利を計算すると、なんと4.7%!


これなら、「1ヶ月もしないうちにモトが取れる」と喜んだのもつかの間。
そんなに甘くない。


1ヶ月経つとチキン5羽は返さなくてはならない。
つまり、返した後も収入が欲しければ、また借りなければならないのだ。
借りなければ無収入になる。


チキンには種類というか白からゴールドまで6ランクがあって、私が借りた5羽は全部
下から3番目のランクのチキン。


レンタル料0.045BTCの最上級ランクのゴールドチキンは卵収入も大きい。
合計10羽まで飼えるらしい。


ここでは私の借りた5羽のチキンで話を進めていこう。


1日0.00525BTC、1ヶ月30日として合計0.1575BTCの収入が得られる5羽のチキンを
2か月目でも同じ収益を維持したい場合、再びレンタル料を支払わなければならない。


その時はほんの少し割り引きになって0.112BTC。
それは最初の1か月間の減価償却費になったと解釈できる。
   0.1575ー0.112=0.0455
従って、0.0455BTCが最初の1ヶ月の収益となる。
1日では0.001516BTCとなり、日利は1.35%だ。


出金できる1週間後(4月4日)に、いよいよ出金に臨んだ。


サイト内の財布(バランス)には0.0378BTCがある。


できれば全部引き出してみたいが、ルールでは預り金(デポジット)の450%までと
なっている。
デポジットは0.001758BTCだから、その450%は0.0079BTC。


「あ、デポジットを増やしておくんだった」と思ったが、「まあ、今日は出金できるか
どうか試してみるだけ」と納得させ【WITH DRAW】を押す。


えー! 「あなたは、0.00524556BTCまでしか出金できません」ときた。


どのように計算するとそうなるのかわからん。
いずれ何らかの計算式があるのだろう。


まずは、出金できた。
手数料もずいぶん高い。
0.001161BTCも差し引かれ私のコインチェックのウオレットには0.00408456BTCの入金。手数料は22.14%か。


ビットコファームでググって見つけた某ブログによると、ゴールドにランクアップして
牛を飼わなければうま味が無いとのこと。


牧場のランクには無印・ブロンズ・シルバー・ゴールドがあり、それぞれランクアップ
の費用を払えば、即ランクアップができる。


牛を飼えるのはゴールドだけ。しかも牛はレンタルではないので1ヶ月経っても更新の
必要はないとのこと。


牛は1頭0.11BTCで永久に飼えるし、牛が作るミルクは1日1本で、売値は0.015BTC。
8日もあればモトが取れるじゃん。


しかし、ちょっと違うぞ。
某ブログでは永久と書いていたが、ファームのサイトの牛の厩舎には残りの日数らしき
文章が出てくる。


最初はあと9DAY、次の日はあと8DAY・・・もしかして牛って10日のレンタル?


10日経つとまたお金を払って更新の必要があるってことかな。


10日経たないと(4月18日)わからないが、再度0.11BTC必要な可能性が高い。


8日でモト取って残り2日分が収益ってことになる? たぶんそうなるかも。


仮にそうだとしても、チキンに比べると収益率が高い。日利3.6%位かな。



そしていよいよ2回目の出金日の4月14日を迎えた。


ゴールドランクになったので、出金可能期間が7日から5日に短縮された。
そして、デポジット残高の800%まで出金可能額は高くなった。


デポジットも0.1BTCに増やしておいた。
バランス残高は0.14329551BTC。
バランス残高を全部出金できる。


今日は準備万端と【WITH DRAW】を押す。


げっ、「あなたは、0.01386618BTCまでしか出金できません」。
なんでやねん!


まずは、0.01386618BTCを出金。
コインチェックのウオレットには0.01345444BTC入金になったので
0.00041174BTCが手数料ということか。


今回の手数料率は3%足らずと安かった。
前回とのギャップに驚かされた。


それにしても出金可能額の低さに、もっと驚いた。


あと数日後の牛の代金を確保させるつもりなのか・・・・。


いつかは出金できるだろうという思いもあるし、できるだけ長く継続したいというビットコファーム側の思惑も感じる。


ビットコファームには今までに0.312BTCを投資。
仮に5日に0.01386618BTCしか出金できないとしても、115日あれば元金は回収できる。


116日目以降は不労所得だ。1日360円のおこづかい。
4か月・・・できれば半年以上継続されることを願う。





オートマイニング


オートマイニングには0.1BTC投資した。


3月13日だ。


たしかオートマイニングは3月上旬から業務開始したと記憶しているので、開始後
数日しか経っていなかった。


日利10%の高収益案件だった。


それが、3月17日に投資金の40%回収したところで、出金不能に。


それでもサイトは動いていたが、4月11日にはサイトが消えた。



しかし! 4月14日にはサイトが復活してた。


再開か! と少~し期待したものの、相変わらず出金はできず。


一応他のメンバーの出金履歴は1日数件あるものの、すべて0.006BTC未満の少額。



出金できた人は無料参加の人ではなかろうか。
タダでもらったBITCOINの出金に安心して、ランクアップしないでほしい。


騙すためのエサなんだから。


といいつつ、もしかしたら再開するのでは…と期待するJOXおじさんだった。
今日の収益残高は0.17430393BTC。
これが出金できると210%の回収率なんだけどなぁ。






今週のHYIP 先週より知識が増えたぞ

リッチモンドバークス




リッチモンドバークスには0.1508BTCを投資してある。
3月28日のことなので、今日(4月15日)で満18日経過した。


選んだのは自分の動物的カンなのだから、アテにならない。


生まれて初めてHYIPなるものに手を出したのが「AUTO MINING」。
0.11BTCを投資して、結局は40%しか回収できず破綻。


日利はもっと少なくてもいいから、長く続きそうなもの
かつ、AUTO MINING程度の小資金でできるもの、という目安で
探して目に付いたのがリッチモンドバークスだった。


投資してから気が付いたのだが、その当時「リッチモンドバークス
のサイトに異変」とか「出金ができない」など、ネットにきな臭い
噂が流れていた。


「もう金送っちゃったよ」と最初から諦めていたが、初日から
今まで極めて順調。


今日も日利1.6%をしっかりと受け取った。


少し不満を言うと、BITCOINで入出金するものの、入金の際は
その時点でのレートのUSDに変えられる。
私の場合は0.1508BTCの投資だが、156.164USDに変えられた。


手数料も入っているかもしれないが、1035.57USD/1BTC換算だ。


今日のBTC/USDは1218.5だから、今始める人は有利。


私がもらえる報酬は0.1508BTCの1.6%ではなく、156.164USDの
1.6%なのである。(土日は0.7%)
出金はUSDからBTCに変えられてcoincheckの私のウオレット
に入ってくる。


それでも平均日銭220円ほどは毎日入って来ている。
月に6,600円ほどのおこづかいである。


3か月弱で元金回収し、その後は不労所得になる。


リッチモンドはアメリカのバージニア州の州都で人口120万人強
リッチモンドバークスとは直接関係ないかもしれないが、一応記載
しておく。