joxyのブログ

おこづかいの無いお父さんのjoxが、副業でお小遣い稼ぎを実践奮闘するブログです。おこづかい目標、月3万円!
そして、一生お小遣いに困らない収入源が欲しい。
できれば大金を稼ぎ、一族郎党を引き連れて海外旅行したい。
2017年3月26日現在、元手は 0.93517BTC(約99000円)と 500クレジットコイン(約85000円)と預金約50000円
【合計約234000円】

はたしてjoxの取る手法は・・・??

競馬で稼げるか?

春のG1シリーズの真っ最中。


競馬ファンの目がG1シリーズに向いている時期に
めがけて「買い目配信」詐欺の横行が増える。


先日も「うどん太郎」という名前でメールが来た。


「うどん太郎」が詐欺といっているわけではない。


ただ、競馬に興味ある人間に的確に届く名簿
(カモメルアドリスト)を持っているという
胡散臭さが漂う。


私は10年ほど前に「競馬に必勝法は無い」と
悟ったつもりであり、その後に来た競馬関連の
メールはすべて迷惑メールとしてブロック。


しかし、競馬にはまっていた頃3連単の検証は
困難であり手をかけなかった。


つまり「競馬に必勝法は無い」と断言する場合、
よく調べなかった3連単だけはそう言い切ること
はできなかった。


一昨年の秋のG1シリーズの時期に競馬配信の
詐欺に合ったときは、少しくらい競馬を楽しんでも
いいかなと思っていた間隙を突かれたからである。


手口はこうだ。


まず競馬ファンのリストを入手し、
「無料で高額配当の馬券を差し上げます」と
エサを投げる。


もちろんその際に過去の実績を披露。
狙いは3連単。
勝率は50%以上。
買い目は15~20点。
的中馬券は、ほとんどが万馬券。


無料期間は2週間ほど。


これで納得したら配信料金は1ヶ月3万円ほど。
提供レースは1日2レース。


これだったら、配信料を払っても充分ペイできて
1点あたりの金額によるが1ヶ月20~30万円の
儲けは楽勝だろうと洗脳させる。


しかし、、、


「申込者が多くて全員に無料配信すると極端に
オッズが下がって再現性が無くなる」
だから、「抽選にさせてもらいたい」と来る。


そして、無料期間中は「素晴らしい成績」を披露。


信じて有料配信を申し込んだお人よしは、
ことごとくやられてしまう。


「抽選で選ぶ」とか「早いもの勝ちで無料配信の
申し込み、しかも早朝5時スタート」などの
偽の提供情報は、競馬情報以外でも詐欺の常套手段。


それを見抜けなかった私はお人よしというよりも
タダのアホであった。(^^;



話を「うどん太郎」に戻そう。


まずは、詐欺であれば1ヶ月以内に姿を消すだろうHP
http://www.udon-baken.com/column/1ibgfrt/index.html


無料配信を申し込んだ人は1000人を超えたらしい。


そこで、競馬に関する問題を出して本気度を見るという
作戦。


それでも正解者は700人強になったそうだ。


まだまだ多すぎるということで、「抽選」で50人に
減らすとのこと。


当選者を、土曜日と日曜日に分ける。
各1レースずつ。


私が詐欺をする側だったら、土曜日はできるだけ当たり
そうなレースを選んで配信する。
だけども、3連単はそうそう当たらないはず。
運よく当たれば、詐欺活動に凄いメリットになる。


日曜日は配信しない。
どうせ誰が当選したかも公表していないので、配信せず
適当に当たり馬券をでっちあげる。


レースが終了したら、
「ほら このように当たるんですよ」と有料配信の
希望者を募集する。


配信金額を3万円(1ヶ月)にして、300人が応募したら
3 X 300 = 900万円


美味しいな。(笑)


念を押すが「うどん太郎」がそうだとは言っていない。


過去に騙された例で、自分だったらこのように詐欺る
と書いただけ。


「うどん太郎」の現在の状況は、昨日と今日無料配信
しているはずだが、まだメールが無い。


だからどこの競馬場の何レースの買い目を提供したか
はわからない。


夕方にはメールがあるはず。


「うどん太郎」は本名が臼井太郎で、うどん屋を経営
しているらしい。
競馬では年間6000万円以上の利益を上げているらしい。


しかも、配信サービスは以前にもしていた形跡がある。
「うどん太郎の神馬券」というのがネット検索で出て
きた。


そこの住所は横浜の関内駅の近く。
うどん屋ではなかった。(笑)


年間6000万円以上というのは、もしかしたら配信での
利益だろうか。